家守西東京のハチ駆除の料金・費用と口コミ

ハチ駆除の無料お見積もりはこちらをクリック
042-403-3738

スズメバチ駆除だけは絶対に自分でやらないで!

※サイト内にハチの画像(写真・イラスト)は一切ありません。ご安心ください。

スズメバチが原因で死亡する方は年間で30人~70人前後いらっしゃいます。
(ちなみに、犬にかまれて死ぬ人は年間0~3人、ヘビにかまれて死ぬ人は4~8人)

日本で、人間以外で最も人間の命を奪っている生物が、スズメバチなのです。

ゴキブリはご自分で駆除をしても、命を落とすリスクはほとんどありませんが、スズメバチは毎年、駆除しようとした方が死亡する最も危険な害虫です。東京でもスズメバチを駆除しようとして亡くなる方が毎年出ます。スズメバチとアシナガバチは絶対に自分で駆除せず、家守西東京にお問い合わせください。

死ぬだけではありません。命が奪われなくても、脳に重い障害を抱えたまま、一生スズメバチに怯えながら残りの人生を生きる方の数は、亡くなる方の数倍になります。

スズメバチ・アシナガバチだけは、絶対にご自分で駆除せずに、一刻も早く家守西東京にお問い合わせください。

「業者に駆除を頼むと高いんじゃないの?」

「しつこく営業されると困るんだけど」

ご安心ください。

家守西東京がハチ駆除でお客様をお邪魔した際に一番言われる言葉は、以下の二つです。

「えっ?そんな値段でやってくれるの?」

「今すぐお願いできますか?」

 

お見積もりの依頼を受けると、お客様とお約束した日時に現場にお邪魔します。

現場を拝見し、すぐにお見積もり金額をお伝えします。ほとんど全てのお客様が、そのまま駆除をご希望されるので、担当者のスケジュールが合えばすぐに駆除します。

お見積もりでお邪魔したお客様に、しつこく営業したり、「やる・やらない」のご判断を迫ることもありません。

 

参考までに、「くらしのマーケット」様から家守西東京に蜂駆除をご依頼いただいたお客様の口コミは以下の通りです。→ 家守西東京の口コミと評判

 

無料お見積もりにお邪魔した際の、私とお客様の典型的な会話のやり取りは概ね以下のような感じです。

私:お世話になります。
無料のお見積もり調査にお邪魔した
家守西東京です。

お客様:あー、どうも、こちらです。

(巣を拝見する)

私:このサイズなら15,000円ですね。

お客様:あら、そんな値段で出来るんだ。
さっき別の業者に電話したら
「最低でも7万と消費税」
って言ってたわよ。
悪徳業者ってやつかしら?

私:うーん、どうかなー。

電話だと、過去の似た案件の中で
一番高い金額を伝えるしかないんですが

弊社(家守西東京)はハチで3万円以上いただいたことはないですね。

お客様:へー。すぐお願いしたいんだけど
1万円以上の出費は
主人に許可取らないとダメなのよ。

私:大丈夫です。
私、次の現場があるんで
ご主人様のOKが出たら
携帯にお電話いただけますか?

施工中で出れない場合は
必ず折り返しますので。

お客様:1時間以内に電話できると思うけど
お願いしたら、今夜中にできる?

私:その方がいいですね。
  夜なら全ての蜂が巣に戻ってるから
一網打尽にできるんですよ。

お客様:そうなんだ。
じゃ、すぐ旦那に聞いてみるから
お願いする場合も、ダメな場合も
どっちにしろ1回電話するね。

私:承知いたしました!
お手数をおかけしますが
よろしくお願いいたします。

お客様:ウチのハチを駆除するまでは
死なないように気を付けてね。

私:ご心配いただき、ありがとうございます!

   ↑
こんなやり取りが、シーズン中は毎日のように繰り返されています。

しつこい営業も、「やる・やらない」のご判断を迫ることも一切ありません。

ハチ駆除の無料お見積もりはこちらをクリック
042-403-3738

東京の蜂駆除業者「家守西東京」

・即日対応可能
・損害保険加入済
・年中無休
・早朝深夜割増ナシ
・カードOK(VISA・マスター・アメックス対応)

 

【ハチ駆除業者「家守西東京」の料金相場はいくら?】

ハチ駆除費用は、巣のサイズ、巣の設営場所によってケースバイケースで変わってきます。

目安としては

アシナガバチ:10,000~15,000円

スズメバチ: 15,000~20,000円

巣の位置が3m以上、天井裏・床下に営巣の場合:上記の料金に7,000円プラス。

とお考え下さい。

参考までに、弊社の過去のハチ駆除案件の、料金・費用・値段を事例別に明記しますので、ご参照ください。

①地域
②ハチの種類
③巣のサイズ
④営巣場所
⑤駆除費用総額(税込)

 

①日野
②アシナガバチ
③握りこぶし大
④キッチンのひさし
⑤値段:10,000

①狛江市
②アシナガバチ
③手のひら大
④ベランダの角
⑤費用:12,000

①小平
②スズメバチ
③こぶし大(フラスコ状)
④1階の軒下
⑤料金:15,000

①武蔵村山
②スズメバチ
③こぶし大(フラスコ状)
④雨戸の戸袋の中
⑤費用:15,000

①多摩
②スズメバチ
③ナシ
④寝室に取り込んだ洗濯物にスズメバチが入っていた
⑤費用:15,000

①府中
②オオスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ
③ナシ
④庭にある蔦に大量の蜂が集まっている。
⑤費用:15,000

①八王子
②スズメバチ
③手のひら大
④アパートの2階の廊下のひさし
⑤金額:22,000

①東村山
②スズメバチ駆除
③不明(壁の中で見えないため)
④壁の中
⑤料金:15,000

 

①昭島
②アシナガバチ
③手のひら大
④通風口カバー内
⑤費用:15,000

①小金井
②スズメバチ
③手のひら大
④庭の木の中
⑤費用:18,000

①国分寺
②スズメバチ
③ソフトボール大
④カーポートの支柱
⑤費用:15,000

①東大和
②スズメバチ
③バレーボール大
④植え込みの中
⑤費用:22,000

①立川
②スズメバチ
③バレーボール大
④2階のひさしの下
⑤値段:22,000

①昭島
②スズメバチ
③サッカーボール大
④庭の木の中
⑤値段:22,000

①東大和
②スズメバチ
③サッカーボール大
④物置の中
⑤値段:22,000

 

上記を駆除料金の目安にしていただければ幸いです。
巣の場所によっては、同じサイズでも料金が安くなったり高くなりしますので、ご了承ください。

ハチ駆除の無料お見積もりはこちらをクリック
042-403-3738

【東京の害虫駆除業者『家守西東京』】

・即日対応可能
・損害保険加入済
・年中無休
・早朝深夜割増ナシ
・カードOK(VISA・マスター・アメックス対応)

 

スズメバチが部屋にいる!巣を作った!その時は?

家の中にスズメバチが入った!家に巣を作られた!

どうすればいいの?

家の中にスズメバチやアシナガバチが入った場合は、静かに落ち着いてハチのいる部屋を出て、ハチが別の部屋へ移動しないよう、必ず扉を締めてください

その上で、家守西東京にご連絡ください。042-403-3738

担当者が到着したら、最後にハチを確認した場所を伝えてください。

ハチは刺激さえしなければ、むやみに攻撃してくることはありません。

問題は、巣を発見した時です。

お客様を訪問すると「お隣や近所の方から『ハチの巣ができてるよ』と教えられた」というケースが多いのです。自分の家の壁やひさしや軒下は、お隣からの方が見えやすいからです。

一番、危険なのは「ハチの巣は確認できないが、夜、窓にハチがびっしり張り付いている」というパターンです。

これは、アシナガバチやミツバチが、スズメバチに巣ごと襲われて、避難している場合に起こる非常に危険なサインです。この場合、避難しているハチよりも、もっと大型で攻撃的なハチが、敷地内で活動している可能性が高いのでご注意ください。

屋根裏や壁の中にスズメバチの巣を作られた場合の作業は、非常に難しいので、絶対に自分ではやらないでください。また技術や知識のない業者に頼むと、天井を踏み抜かれて、踏み抜いた穴から怒り狂ったスズメバチが居住空間になだれ込みます。

スズメバチに襲われてパニックになった業者が、殺虫スプレーが充満した屋根裏で発煙筒に着火してスプレーのガスに引火させ、お客様の家を全焼させた事例もあります。

駆除費用を安くすませるには、発見したらすぐにご連絡ください。
ハチの巣は毎日、どんどん大きくなっていきます。ソフトボール大だった大きさが、一週間でサッカーボールくらいの大きさになることは頻繁にあることです。

こぶし大の場合、駆除料金・費用・金額は15,000円前後(場所により、料金・費用・金額は異なります)ですが、サッカーボールほどのサイズになると30,000円以上になってしまうのです。

 

【自分で駆除しようとして、お金を4倍も損してしまった事例】
先日、家守西東京が駆除させていただいたお客様は、こぶし大だったスズメバチの巣を、自分で撤去しようと殺虫剤やハシゴや防護服を買い揃え、駆除方法をネットで調べ、いざハシゴを掛けて登ったら、スズメバチの恐怖と高所恐怖で何もできなくなってしまいました。

ネットで見た業者3社に見積もりに来てもらったら、感じが悪い業者だったり、無料見積もりなのに出張料を要求されたり、真夏日に防護服を着るから現金で7万円と言われたりで、すべて断ってしまったとのこと。

結局、弊社に依頼が来たときにはサッカーボールくらいに大きくなっていて合計、結局、駆除費用は30,000円。

加えて自分で買い揃えた殺虫スプレーや煙幕の花火が全部で4,000円、防護服が3,000円(3,000円の防護服でスズメバチの駆除をするのは、裸でスズメバチの駆除をするのと全く変わらない自殺行為です)、2階の軒下に届くように買った2連ハシゴが23,000円で、トータル6万円以上の出費

こぶし大のサイズの段階で、家守西東京に連絡をいただければ、15,000円、つまり最終的にかかった費用の1/4で駆除ができたのです。業者にスズメバチの駆除を依頼する方が、自分で道具を買い揃えて駆除するよりも、安全なだけでなく、安上がりなのです。

ハチ駆除を速やかに依頼していただきたいのは、単にご自身やご家族の安全のためだけでなく、お金を損してほしくないからです。

ハチ駆除の無料お見積もりはこちらをクリック
042-403-3738

東京の蜂駆除業者「家守西東京」

・即日対応可能
・損害保険加入済
・年中無休
・早朝深夜割増ナシ
・カードOK(VISA・マスター・アメックス対応)

 

スズメバチの毒によるアナフィラキシーショックの恐怖

【スズメバチに刺されるとなぜ死ぬのか?】ハチが原因の死亡例を調べると、高齢の男性がスズメバチ・アシナガバチの駆除・農作業・草刈り中に襲われて死亡したケースが最も多く、治療を受ける前に手遅れとなってしまうことがほとんどです。

スズメバチ・アシナガバチに刺されて死亡する原因は、アナフィラキシーショック(急激なアレルギー反応)による血圧の劇的な低下と、上気道(鼻腔・舌・喉)が腫れたところへ嘔吐によって呼吸困難に陥る窒息です。

特にアナフィラキシーショックによる窒息は、長時間にわたり苦痛が続く上に、万が一命を落とさなくても、脳に重い障害を残します。特に顔・頭・首を刺されると、数分~10分ほどでショック症状が起きるため、治療が間に合わず、死に至らなくても重い障害が残ります。

スズメバチに刺された、または刺された人を見たら、ためらわず救急車を呼びましょう。
スズメバチの毒によるアナフィラキシーは、ほとんどが1時間以内に死亡しています。

【東京でスズメバチに刺された時の対処方法】

万が一スズメバチ・アシナガバチに刺されたら、速やかにその場を離れてください。スズメバチは刺すだけでなく、針の先から毒液を噴出します。その匂いで仲間のスズメバチも戦闘態勢で現場に急行し、攻撃してきます。

スズメバチは時速40kmで逃げるものを追う習性があります。スズメバチに襲われ死亡した方の多くは、たくさんのスズメバチに複数個所を刺されてアナフィラキシーショックを起こしているので、一刻も早く現場を離れてください。
現場から離れる際は声を出さず、姿勢を低くして静かに離れましょう。

めまい・倦怠感・顔面蒼白などの症状が出たら、仰向けに寝て両足を広げます。この時、足の位置を高く上げると、心臓に流れる血流が増えるので血圧低下を抑えられます。

嘔吐したり、意識がない場合は、吐いたものが喉に詰まらせたり、腫れた舌が気道を塞ぎ、窒息の危険があるので、横向きで寝かせ、救急車の到着を待ちます。

その間、刺された箇所を指でつねって毒を絞り出します。この時、絶対に口で吸い出さないでください。虫歯や口内の傷から毒が入って、傷口を吸った人もアナフィラキシーショックを起こしてしまいます。

傷口から毒を吸い出す吸引器(ポイズンリムーバー)はスズメバチ・アシナガバチだけでなく毒を持つ虫全般に使える必需品です。登山・農作業・草刈り時には必ず持参しましょう。毒を吸い出すことで、毒のにおいに引き寄せられた別のハチの攻撃を避けることにつながります。

毒を絞り出したら水で洗って冷やし、体内に毒が回るのを防ぎ、ムヒアルファEXなどの抗ヒスタミン軟膏を塗ります。

 

※ハチに刺されたらアンモニアが含まれるオシッコをかけると良いという俗説は、全く科学的根拠がありません。

 

【スズメバチに襲われないための対策方法】

登山・ハイキング・墓参り・マラソンやゴルフなどのスポーツ競技中に子供や大人の集団が襲われるという被害も、年間10件前後、発生しています。これれらの集団刺傷事件もほとんどが攻撃性の強いキイロスズメバチかオオスズメバチによる被害です。

そのため、登山・ハイキング・農作業・ゴルフ場や公園などでの行楽やスポーツの際は、スズメバチを刺激しないための対策として以下をご参照ください。

・衣類はなるべく白っぽいものを着用
ハチは黒・赤・青色を攻撃するので、髪の毛や目玉を狙ってきます。私もスズメバチの駆除をしている時に複数のスズメバチに黒目や髪の毛を狙われることが何度もありました。そのため、必ず白っぽい帽子をかぶり、サングラスやゴーグルの着用をおすすめします。

・整髪料や香水はNG
また成虫は樹液や花の蜜や果物を食べて生きているので、甘い匂いに引き寄せられる習性があります。このことから飲みかけのジュースなどによってきたスズメバチを追い払って刺されるというケースもあります。特にスズメバチ・アシナガバチの攻撃性が高くなる6・7・8・9月は服装だけでなく匂いにも注意してください。

・スズメバチを見かけたら、大声を出したり追い払うのはNG

スズメバチによる被害は5~11月に発生します。特に8・9・10月の3か月間に集中しており、中でも9月が突出しています。9月はスズメバチが巣を作る最盛期であること、オオスズメバチがキイロスズメバチを襲う時期なので、襲うオオスズメバチも、襲われるキイロスズメバチも神経質で攻撃的になることが原因です。

コガタスズメバチは、高さ1.6mの位置に営巣しますが、キイロスズメバチは、高さ3mほどの大人でも手が届かない位置に営巣します。つまり、キイロスズメバチの駆除中の刺傷事故を除けば、ただ近くを通っただけで人を襲うことからも、キイロスズメバチの攻撃性の高さがわかります。またキイロスズメバチは最初に作った巣が手狭になると、より広い空間に引っ越すので、キイロスズメバチに限ると8月に被害が集中します。

オオスズメバチは土の中や、伐根された木の樹洞に巣を作るので、近くを歩いた人の足音や振動、人の話し声に反応して攻撃します。そのため集団刺傷被害が発生しやすいのです。オオスズメバチの被害は登山やハイキングや農作物の収穫が増える10月が最も多く、次いで9月に被害件数が多くなります。

東京で一番問題になるのは、自分の家や敷地内にスズメバチの巣を作られた際の対応です。
あなたご自身だけでなく、ご家族、あなたの財産を守るためにも、お困りの際にはお気軽にご相談くださいませ。

ハチ駆除のお見積もりはこちらをクリック
042-403-3738

東京のスズメバチ駆除業者「家守西東京」

・即日対応可能
・損害保険加入済
・年中無休
・早朝深夜割増ナシ
・カードOK(VISA・マスター・アメックス対応)

家守西東京の対応地域

【東京都】世田谷・杉並・練馬・立川・武蔵野・三鷹・府中・昭島・調布・小金井・小平・東村山・国分寺・国立・狛江・東大和・清瀬・東久留米・武蔵村山・西東京・八王子・青梅・日野・多摩・稲城・福生・羽村・あきる野・瑞穂

【埼玉県】所沢